みんなのさいわいへ

『解離性障害ー「後ろに誰かいる」の精神病理』
   (柴山雅俊著・ちくま新書)という本を読みました。

専門用語が多く、
私には難しかった、というのが実感ですが
ではなぜこの本を読んだのかと言えば
やはり賢治のことが書かれてあったからです。

でもよくわからないなりになんとなくわかった部分もあり
(なんのこっちゃ)
特に、解離性障害というのはどういう感じ方をするのか、
ということは具体例が書かれていてよくわかりました。
(この本については「宮沢賢治の詩の世界」にも詳しく書かれています。)

賢治のことは第7章「解離とこころ」で書かれています。

この本を読んで、はっと思ったのは
それは賢治が7歳の時に遭遇した、級友が川に流され溺死した、という事件が
賢治に深い影響を与えていたのではということ、
それはきっと、幼い胸に深い深い傷となって
刻みつけられたであろう、ということです。

「賢治のこころは、誰かと一緒に寄り添って流れていきたいという思いと、人から引き裂かれる寂しさとが表と裏になって重なっていた。
賢治の魂は、いつも肉体や知覚といった表現の桎梏から解き放たれてながれていこうとする。それと同時に、流れてゆくことができないことのやり切れなさが綴られている。肉体が、現実がそれを許さないのだ。藤原健次郎、保阪嘉内、妹トシらとの関係がまさにそうであった。」

保阪嘉内についてはともかくとしても
賢治が、去りゆこうとする者に
激しく哀しい想いを抱くこと、その行方に執着すること、
その原点は、まさに
幼い日の衝撃的な事件だったのではないかと思ったのです。

ついさっきまで
一緒に遊んでいた友だち。
いたずらしたりからかったり、笑ったりして
今まで自分のすぐ隣にいたはずの友だちが、突然消えてしまった。
なぜ、どうして、
どこに行ったの・・・?

幼い賢治は、その事実をどのように受けとめればよいのか
わからなかったのではないでしょうか。
その悲しみを、どうすればよいのか
わからなかったのではないでしょうか。

恐らく、表面にはあまり出さなかったのかもしれません。
少し泣いた後は、またいつものように
学校へ行き、友だちと遊んでふつうに過ごしていた。
しかしその恐怖と悲しみは、誰にも吐き出せずに
こころの奥へと追いやられてしまった・・・
というのは私の妄想にすぎませんが
そのことが賢治の深層に影響を与えていたのでは、
という気がしてなりません。

たしかに賢治は解離の素因を持っていたとも思いますが
それは賢治だけではなく
一般にも大なり小なりそのような素因を持つ人は
いるのかもしれません。

しかし、賢治の意識は、個にとどまることを嫌い
外の世界、つまり“みんな”へと、流れ出した。

(すべてがわたくしの中のみんなであるやうに
   みんなのおのおののなかのすべてですから)

賢治の孤独と悲しみは私が思っていた以上に深いのかもしれず
その苦しみを乗り越えて
「みんなの幸い」への祈りに昇華させようとした賢治。

そこが賢治が賢治であるところなんだと
改めて感じたのでした。
[PR]
by signaless5 | 2010-01-31 13:11 |

今日の新聞に作家のリービ英雄さんの記事が載っていました。

「古くから日本人は世の中が移ろいやすく
変わりやすいことを知り、変化に耐える力をもっていたのに、
現代人は安定ばかりを求めたがる」

そして「『かりそめ』という言葉に、古くから日本語に含まれる
大切な世界観がある」という。

現代では一時的とかその場限りといった意味で軽くとらえられているが
古代では命や恋がはかなく切ない様を言い表し
極めて重い意味として使われてきた、と。


All things must pass.
すべては移り変わってゆく。

どんなに変わらないと見えるものも必ず変化する。
人の心も移りゆく。
どんなに愛し合っていても別れは必ず来るし
どんなに深い悩みがあっても、夜は必ず明けるのと同じように
いつかは解決する。

変化は恐れてはならないのかもしれません。

「かりそめの恋」となどというと、
軽々しくてまがい物のようにとらえられがちですが
かりそめであるからこそ、真実があるかもしれない・・・。
(いえ、そういうものを
望んでいるわけでは決してアリマセン)

変化する時間が長いか短いかの違いだけであり
すべては移り変わってゆく。

だからこそ、一瞬一瞬が大切で愛おしく
一期一会として人との繋がりを慈しみ
この一生を大事に生きようと思えるのではないでしょうか。

いいことばかりではないけれど
悪いことばかりでもないはず。

この世は「かりそめの世」ということもできる。

私たちは皆、この仮の世の中に仮の姿で現れる。
この世にあるのは現象だけ。
しかし仮の姿だからといっておろそかにしていいというわけではありません。


保阪嘉内は退学になりました。けれども誰が退学になりましたか。又退学になりませんか。あなたはそれを御自分の事と御思ひになりますか。誰がそれをあなたの事ときめましたか 又いつきまりましたか。私は斯う思ひます。誰も退学になりません 退学なんと云ふ事はどこにもありません あなたなんて全体始めから無いものです けれども又あるのでせう
     (書簡50 保阪嘉内あて 大正7年3月20日前後 より)

突然の云われない除名処分を受けても
それがなんだというのだ、
それは現象のひとつにすぎないではないか。
大事なのは、その現れた現象にどのように対処するか、
どのような作用をする魂であるか、ということではないのか。

すべては移り変わってゆく
かりそめの世界を

リービ英雄さんはいう。
「現代で最『仮』のものは、米国流の資本主義。貨幣経済は常に数字のまやかしに陥る可能性をはらんでいる。数字だけで計るような経済成長を重視する物の見方だが、世の中がずっと成長できるはずがない。世界の多くの人は安定を求めたがるが、安定は長く続かない。世の中は『かりそめ』。変化を恐れない、厳しい状況になっても耐える力が今、必要だと思う」

私もその通りだと思う。
[PR]
by signaless5 | 2010-01-26 22:51 | 思うこと

「とりつくしま」

東直子さんの「とりつくしま」という本を読みました。

死んでしまった人が、想いを残した人の「モノ」になることができる
という話です。
たとえば母が息子のロージンバッグ(ピッチャーが投げるときに滑らないように指につける粉)になるとか・・・。
密かに想いを寄せていた師の扇子になった女性とか・・・。

ユーモアのある軽やかな語り口は
このようなテーマであっても決して重くならずに
さらりとここちよくすらあり、
時に吹き出すことも・・・。
でも、じんわりと心にしみてくる
なかなかすてきなお話です。

私がモノになるなら・・・と考えてみましたが・・・
その前に誰のモノになりたいとおもうかなぁ・・・。
家族みんなが集まってくるテーブルかなぁ。
なんて考えてしまいました。

東直子さんのプロフィールには「歌人」とありました。
短歌も読んでみたいなぁと思っていたら
宮沢賢治イーハトーブ館で
去年(2009年)行われた夏期特設セミナーの
鼎談のお一人というのを発見(?)しました。

どんなお話をされたんでしょうかねぇ・・・。
[PR]
by signaless5 | 2010-01-23 09:00 |

ひかりとかげ

 かげとひかりのひとくさりづつ
そのとほりの心象スケッチです
    
            (「春と修羅」序より)


こんなノーテンキな私でも、悩んだり考え込んだりするときもあって
いわゆる「自己啓発本」を読みまくったりしたこともあります。

自己啓発関係のベストセラーを次々に出し、
最近特に様々なメディアに登場しているK間K代さん。

何冊か読みましたが
前向きに努力する、色んな人の本を読み吸収する、という面では
教えられた部分もありました。

ただ、精神科医のK山Rカさんが反論本を出しているように
みんながみんな、同じようにやったとしても
決してK間さんになれるわけではなく
むしろ、K間さんは「注目され」「本を売る」ことで
稼いでいるのですから、同じように自転車に乗って通勤し
本を読みまくり、ガジェットを使いこなしても、
決して「成功」できるわけではないのです。

光がある限り、モノにはすべて影があります。
どうしても、K間さんの理論には
光の部分しかないようなのです。

実際にそんな世界はありえないし
人には影の部分が必ずあると思うのです。
そしてその人に深みを与えているのは
苦しんだり悩んだり、コンプレックスを持ったりという
まさしくその影の部分だと思います。
光があれば影もある、その陰影が
その人を立体的に見せ、光を際だたせ
魅力的にしているのではないのでしょうか。

みんなで勝って、仕事や活動を通して他者の為に貢献することで
みんなが幸せになる、とK間さんは、どこかで聞いたようなことも仰っていますが
それすらも「評価」の対象になるべき、との考えです。
貢献度によって、ステータスも上がる仕組みが必要だと。
それでは、だれも見ていないところでは
何もしなくていい、ということになりかねません。
評価されるための善意はほんとうの善意ではありません。

「ホメラレモセズ クニモサレ」ない生き方は
K間さんには考えられないことかもしれませんね。

ベストセラーと一人の命を救った小説の、どちらが利他性があるかという議論で
利他性の総合ボリュームは広く浅く一万人を癒したほうが
一人を救ったものより大きい、と仰っていますが
はたしてそうでしょうか。
「利益」はあったかもしれませんが
「価値」は、どうでしょうか。
結局は市場主義、稼いだ方が勝ち、という考えでしょうか。
いくら1万人だろうが10万人だろうが
そういったことは決して足し算はされないと私は思います。
1の感動や癒しはそれが何人に行き渡っても
1であって10や100になることはないと私は思います。

目に見えるものにしか
価値を見いだせない、お金でしか換算できない
そんな幸せは私はいりません。

たとえ、収入が多くなくても
空をみてぼ~っとしている時間があったほうが幸せ、
と思う私は、甘いのでしょうか?
K間さんから見たら、そんなの幸せじゃない、というんでしょうね。

K間さんからしてみれば
賢治のような生き方はまったく論外かもしれません。


 かげとひかりのひとくさりづつ
そのとほりの心象スケッチです

賢治がちゃんと「影」を記してくれていたから
私は賢治が好きになった・・・・。

長々と書いてしまいました。
[PR]
by signaless5 | 2010-01-21 21:23 | 思うこと

アマチュア地質学

今読んでいる賢治関係の本は「イーハートブ温泉学」(岡村民夫著・みすず書房)です。
非常に面白く、私にとっては、これまでにありそうでなかった観点から
賢治への理解を深める手助けをしてくれるものです。
この本についての記事はまた別に立てることにします。

賢治は不思議なひとで、
私を引きつけてやみませんが
地面を掘るとさまざまなものが出てくるように
賢治の表面だけではなく、
深く求めれば何層にもなるものがその下に潜んでいて
あるいは、底の見えない深い淵を覗くような
畏怖を覚えるほどだと感じているところでした。


その「イーハトーブ温泉学」(岡村民夫著・みすず書房)に
入沢康夫氏のことが出てきました。

<『校本宮澤賢治全集』の編集作業を通して賢治の草稿を精査した入沢康夫は、「セロ弾きのゴーシュ」の「地質学」を語っている。活字本として一般に流布しているテクストとそのストーリーが平坦で均質」な大地をなしているようにみえようとも、「地質に関心の深い者がいて、しきりに地面を見、時には地面に孔を掘ったりして、土地の性質や成り立ちを考えた」なら、「村によって(場合によっては一つの村の中でも)かなり地質が異なっていること」「土地の成り立ちが大変に古いところと、ごく新しいところがあること」、村(各パート)の並び方も、むかしはいまとは異なっており、「今は離れている土地が、元は一つづきの土地だった、といった箇所もあること」などがわかるというのだ(原色複製「セロ弾きのゴーシュ」草稿について」、『宮沢賢治ープリオシン海岸からの報告』)。ここで入沢康夫は控え目に狭義のテクストについてしか語っていないが、この種の大地観は、賢治の『稗貫郡地質及土性調査報告書』にも、賢治作品中の風景にも顕著に認められるものであり、大地のほうが賢治の遺したテクストの相貌に似ているとさえいえる。>


入沢氏はなんとも分かりやすく、的確に賢治作品を現しているでしょうか。
やはり、賢治の生の原稿と格闘した方だからこそ言えることであり、
このように感じられたのではないでしょうか。
みごとに賢治作品を言い当てておられるし、
岡村氏も言われるように、
これは「セロ弾きのゴーシュ」に限ったことではないと思います。


作品すべてを含む「宮沢賢治まるごと」も地層にたとえることができるかもしれません。
表面上に見えるものだけを見ても
美しかったり面白かったり、興味深いでしょう。
ごく一般の方はそういう風に楽しんでいます。
もちろんそれだけでも充分なのです。
よく観察する人は、その地面を掘ってみるでしょう。
いろんなものが出てきたりして、また面白いのです。
さらに深く追求する人は、地層を見、その成り立ちや
そうなった理由も知ることができます。
地質学者や考古学者のようになってしまう人まで現れます。

たとえ素人でも、次々に面白いものが出てきて
掘ることを止められなくなった者が
私のような者なのでしょう。

他者が掘った結果を本で読み
それで満足することもあれば
自分もそこに行ってみて掘りたくなったり

なぜ掘り続けるのかは自分でもわかりません。
面白いから、としか言いようがありません。
掘って出てきたものが
他人にとってはなんてことはないとか
そんなのとうに持っているものかもしれません。
それでも、自分にとっては
大事な大事な宝物なのです。

ひとに「こんなものでてきた!」と話したいのです。
「あ、そう」といわれようと「それがどうした」と言われようと
私にとっては、みんな賢治からの贈り物なのです。

どのように賢治を楽しんでもいいのです。
(あるいは、楽しまなくても別にそれはそれでいいのです。)
ただ、賢治ほど多種多様な人々に
面白くて掘ってみたいと思わせるひとは
あんまりいないのではないかと思います。

「宮沢賢治」は不思議な不思議な大地だと思います。
私自身は、どうにもここから離れることができません。

家の者もよく言います。
「オマエはほんとに幸せなやつだな~」

いいえ、ほんとうに
私はとっても幸せなことだと思っています。
[PR]
by signaless5 | 2010-01-17 19:56 | 思うこと

<あなたと御目にかかる機会を得ませうかどうですか 若し御序でもあれば日時と場所とを御示し下さい。夜は困ります。母の前では一寸こみ入った事は話し兼ねます。

「この、母の前ではこみ入った話はしかねる、というのは
嘉内の方にも話したいことがあったのでは・・・」というSoraさんの話に
ああ、そうか!と思いそのころの書簡を見てみました。

書簡93(大正7年12月初め)の
保阪嘉内あて書簡の終わりにはこうあります。

<私もそちらへ参りたいのですがとても宅へ願ひ兼ねます。御出で下さるならば最ありがた存じます。>

“私も”とあることから、まず嘉内の方から先に
賢治と会いたい旨を伝えたことの返事に違いありません。
しかも、賢治は自分が行くことは無理なので
そちらに来てもらえるといいのだが、と書いています。
嘉内の要望がかなり強いことを示してはいないでしょうか。

その後2通の書簡の後、
12月31日付けの書簡102、妹の入院によって
上京したことが嘉内に伝えられます。
そして

<あなたと御目にかかる機会を得ませうかどうですか 若し御序でもあれば日時と場所とを御示し下さい。夜は困ります。母の前では一寸こみ入った事は話し兼ねます。>

となります。
「あなたと御目にかかる機会を得ませうかどうですか」というのは
そんなに言うなら、この機会にあなたと会うことにしましょうか、
というニュアンスに近いような気がするのは、私だけでしょうか。

つまりは、年末ころ、まずは嘉内のほうが賢治と会って話をしたがり
賢治が上京したのを好機に、二人で会うことにした、ということに
なりはしないでしょうか。
もちろん、賢治も嘉内に言いたいことはたくさんあったでしょう。
だからこそ、再会し、書簡102aにつながることになった、と私は思います。

何が言いたいのかというと
前の記事のコメント返信にも書いたように
やはり、嘉内が3月の予定があるなしにかかわらず
この時期に賢治と会うことを望んだのではないか、
そして二人はそれを実現したのだという気がして仕方がない、ということです(^^)
[PR]
by signaless5 | 2010-01-14 12:33 | 賢治

大正8年1月の賢治

このところ大正8年始めころに賢治と嘉内が会った可能性を考えていますが
岡村民夫さんの「イーハトーブ温泉学」(みすず書房)を読んでいて
賢治がこの年の1月、友人の阿部孝の谷中の下宿を訪れていた、という
記述に出会いました。

賢治が萩原朔太郎の「月に吠える」と出会ったのは
この時、阿部孝の書棚にあったのを偶然手にしてのことだそうです。

年譜を調べてみました。
1月15日、妹トシの病状が治まってきたのをみて
母いちは一旦花巻に帰ります。
翌16日、賢治はさっそく上野図書館に出かけています。
この頃の賢治は
朝トシの病院に行って病状を確認すると
その後父への報告を書き送ってから、図書館へ行って
勉強や調べものをしたようです。
父の友人小林六郎氏を訪ねたり
叔母の瀬川コトを見舞ったりしたということですから
決してつききりでトシの病院にいたわけでなく
むしろその逆で、トシの回復に伴って結構自由に歩き回っていたのだと思います。
国柱会の田中智学の演説を25分間聴いたのもこの頃。

つまり、嘉内の事情さえ許せば
嘉内が上京して二人が会うことはあり得るということでしょう。
[PR]
by signaless5 | 2010-01-13 11:20 | 思うこと

二つの一葉像

少し前になりますが、
樋口一葉に関する本を2冊読みました。

それまで私は一葉のことはほとんど知りませんでした。
図書館でたまたま目に止まった本を手に取ったのです。

一冊目は、仏門に入られた著名な作家、
もう一冊は江戸に関する著作を数冊だしておられる大学教授の著書で、
どちらも女性です。

感じたのは、恐らく一葉に関する同じような資料をもとに書かれていると思われるのに
まったく違ったとらえ方をされている、ということです。

前者は、一葉の書いた日記を中心に書いていますが
一葉の借金にからんで、男女関係に終始したような感があるのに対し
後者は、江戸文化の研究をされているだけあって
時代や文化を背景に一葉の文学の意味と意義を
分かりやすく説いてくれています。
一葉が「書く」ことで挑んだもの、
それが同時代の他の女流作家との違いであり
作家としての一葉の価値がよくわかりました。

男性中心の社会の中、
「そんなのはおかしい!」
「そんなのは嫌だ!」
と高く叫んだ一葉。

作品の中で、世の中の不条理、不公平、
底辺で生きる庶民のどうしようもない思いのようなもの、
それをしなやかな感性で書ききったのが
一葉ではないか・・・。
そういうことを教えてくれた気がします。

とはいえ、一葉の作品をまだきちんと読んでもいないので
偉そうなことは何も言えませんが・・・

同じ女性を論じるのに
こうも違うものかと、感心したというか
あきれたというか・・・・。
読み物としては大変面白かったですが
前者を一葉が読んだら
どんな気がするんでしょうか。

どのようにとらえるかは、全くの自由ですし
どれが本当でどれが違う、とは言い切れないことですが
たまたま手に取った2冊が
まったく対照的だった、というわけでした。
[PR]
by signaless5 | 2010-01-10 11:33 |

ホップ

先日、遠野産ホップ使用の限定ビール
「とれたてホップ 一番搾り」の記事を書きました。

その後、偶然にも、大内秀明氏の「賢治とモリスの環境芸術」という本に
賢治の羅須地人協会に出入りしていた
伊藤与蔵さんという方の聞き書きが載っていました。
与蔵さんが賢治と更木という北上川の川向かいの村に行ったときの話です。

<なんべんかこんな話をしながら歩いて来ると、道路のそばにある胡桃の木にからまって生えているつる草を指して、「あれがビールに味をつけるホップというものです」と教えてくれたりしました。そしてビールの作り方について説明されました。>

地図で見てみると更木というのは
今の北上市、羅須地人協会から南東に2Kmくらい下がったところのようです。
花巻近辺にも自然にホップが生えていたということでしょうか。

ホップには近づいただけでわかるような芳香があるんでしょうかね。
あ~、また飲みたくなってきた、
「とれたてホップ」!

それほどビール好きでもなかったんですが
これからはビールを飲むたびに
賢治の顔が浮かんでしまうかもしれません。
[PR]
by signaless5 | 2010-01-09 09:40 | 賢治

「とらよとすればその手からことりはそらへとんで行く」

soraさんの記事によれば、この歌詞は
賢治と嘉内にとって特別な暗号のような言葉だった、ということです。

確かにその通りかもしれません。

私は書簡102aの位置を探っていて
二人は大正8年はじめに、会ったにちがいない、と推測しました。
そしてその時が二人の宗教上の対立の第一の山で
大正10年の7月が第2の山だったのでは・・・と、考えました。

二人の間では、書簡はその後のものはほとんど残っていません。
しかし、これは「ただ残っていないだけ」であり
二人の間では、書簡のやりとりはあったはずだと思っています。

結果的に運良く、嘉内がスクラップブックに整理した
ある一定の時期の書簡73通が残ったというだけで、
お互いの生活環境の変化や遺品の整理の過程で
失われてしまったものが多々あるのではないでしょうか。

たとえ激しい口論をしても
心友は心友。
嘉内にかなり手厳しいことを言われたとしても
賢治は真摯に受け止め、その生き様を変えたのだと思います。

その後にまた、穏やかな文通があったとしても
なんら不思議ではありません。

賢治はきっと、
「あの頃はこうだったけど、今はこんな風に思っているんだ」
「君が昔から言い続けていたことが、今頃わかったよ」
なんてことも書き綴っていたに違いありません。

物理的には遠く離れていても
二人はいつも一緒に歩んでいた・・・
私にはそんな気がします。

ですから、「とらよとすれば・・・」が
ただ単にお互い知っている歌詞であった、というだけではなく
二人にとって「特別な言葉」だったとするsoraさんの考えには
大いにうなずけるものがあるのです。

それが果たしてどういう意味があったのか・・・。
今後のsoraさんの研究に期待したいと思います。
[PR]
by signaless5 | 2010-01-08 18:59 | 思うこと