<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

26番目の秋

 山は赤く 赤く色づいて 
 すすきは風に、風に揺れている
 朝はとても冷たい もうすぐ冬が来るね
 朝はとても冷たい もうすぐ冬が来るね

 病院のベッドに おばあちゃんを 
 枯れたような体をゆっくり起こして
 うれしそうに笑った ぼくをみて笑った 
 ぼくは何もいえずにうつむいて黙った

 姉には二人目の 二人目の子ども 
 上のさつきちゃんは もうお姉ちゃんになるの 
 三年前には いなかったのにね 
 そしてぼくはこの夏26

 この頃不思議な 気分になることがある
 とてもゆかいなような そのくせさみしいような
 ねえどうしてぼくは ここにいるの
 ねぇどうしてぼくは 君とここにいるの


岡林信康さんの「金色のライオン」というアルバムに入っている曲です。

今の季節にぴったりなのと、とても好きな曲なので
取り上げてみました。
くり返しのことばが印象的で
心地よいリズム感のある素敵な曲だと思います。

「朝はとてもつめたい・・・」
一見当たり前の感想のようですが
素直にすがすがしく
あるがままに物事を受け止めているこころのあり方が伝わるような
そんな気がします。

なかでも一番好きなのは
最後の歌詞。
「ねぇどうしてぼくは ここにいるの」
「ねぇどうしてぼくは 君とここにいるの」

去りゆく命、生まれくる命。
そして自分の命の不思議さ。
今ここにいて、この景色を眺めている、自分っていったい何だろう、どこから来たんだろう。

「君」と出会ったことの不思議さ。奇跡。
向かい合って、或いはふたり並んで、「君」と一緒にいるぼく。
「ぼく」の意識が、すーっと後ろに引いて
空の上に行き地球を離れひろいひろい宇宙の中にいる自分を感じている・・・

ここの歌詞をきくといつもそんなことを想像してしまうのです。

賢治も嘉内も岡林も
小さな一個の自我だけでなく
宇宙の中の命(じぶん)を感じていた・・・・のではないでしょうか。


ちなみに、
この前偶然、糸井重里さんが
一年に一度は「金色のライオン」を聴くというようなことを
書いていたのを目にしました。
(ちょっと、うれしかった!)
[PR]
by signaless5 | 2008-10-28 08:49

うつくしいもの

少し前に、遠藤周作さん「砂の城」という本を読みました。

亡き母が残した手紙を、16歳の誕生日に、泰子が読むところから物語は始まります。
そこには戦時中の何もかも統制された時代の、一人の青年と母の心のふれあいのことが書かれてありました。
「負けちゃ駄目だよ。うつくしいものは必ず消えないんだから。」
秘密の、大切な場所を教えた青年・勝之が、泰子の母に言った言葉です。
戦争の暗い影が押し寄せ、うつくしいものが消され、無視され、
踏みにじられようとしていたときのことでした。


うつくしいものは消えないんだから。

泰子は親友と大学へ行き、恋もするけれど
時代の波にのまれてそれぞれが予想もしない方向に流れていく・・・。

ほんとうにうつくしいものとはなんだろう・・・
そんなことを考えさせられる小説です。

以前の自分なら、きっと
図書館で出会った青年と女学生の純粋な心の結びつきや
青年が「うつくしいものは消えないんだから」などと言うなんて
そんなもの、ドラマの世界、現実にはないことだと
しらけた目でみていたかもしれません。

でも、他の誰とも通じなかったことが通じる、
自分が美しいと感じるものを同じように感じるひとがいる。
それは現実にあり得ることだと思うようになりました。
そうするとこの小説がとても深いものとして読めるのです。

じつはこの本はずいぶん前に買ってはあったのですが
ずっとながいこと書棚でホコリをかぶっていたのです。
それをこの前、ふと、何気なく手に取ってみて、一気に読んでしまったのでした。

本というのは、ちゃんと、「読める時期」というものがあるんだと感じます。

読む前は、題名から、退廃的あるいは悲観的な物語だと思っていましたが
この本は決してそうではなく
自分自信の人生を、しっかりと見つめ、生きていこうとする泰子の姿に
清涼感さえ感じられるものでした。
若い人に読んで欲しい一冊です。



 夢みたものは ひとつの幸福
 ねがつたものは ひとつの愛
 山なみのあちらにも しづかな村がある
 明るい日曜日の 青い空がある

 日傘をさした 田舎の娘らが
 着かざつて 唄をうたつてゐる
 大きなまるい輪をかいて
 田舎の娘らが 踊ををどつている

 告げて うたつてゐるのは
 青い翼の一羽の 小鳥
 低い枝で うたつてゐる

 夢みたものは ひとつの愛
 ねがつたものは ひとつの幸福
 それらはすべてここに ある と


勝之が戦争に行く前に
「もう当分、この本はぼくには必要ないんだから。」
とくれようとした本には、立原道造のこの詩が書かれていたのでした。
[PR]
by signaless5 | 2008-10-22 17:23 |

恋と病熱

  恋と病熱
 
   けふはぼくのたましひは疾み
   烏(からす)さへ正視ができない
    あいつはちやうどいまごろから
    つめたい青銅(ブロンヅ)の病室で
    透明薔薇(ばら)の火に燃される
   ほんたうに、けれども妹よ
   けふはぼくもあんまりひどいから
   やなぎの花もとらない

           
以前は、この詩でも、さらっと読み過ごしていました。
まあ、調子がでなくて、気分が悪いんだよね。
だれにもそんな時はあるよね・・・。
といった感じで。

でも、からすさえ、まっすぐ見ていられないほど
魂が病む・・・というのは?
病気で寝ている妹のために
やなぎの花を取っていってやることさえできないとは・・・?

表面だけをなでていても、それはそれで賢治の詩は読み応えはありましたが
その奥の心象を覗いてみると
とてつもない深い想いがあるような気がします。

「銀河鉄道の夜」を、あまりに深い孤独感、と書いていたのは
息子の通う高校の先生ですが
私には、以前はそこまでの深いものを汲み取ることはできませんでした。

水の淵を覗いたとき、自分が思っていたよりもずっとずっと、暗く深いのを知って
驚き、恐ろしくなってしまう、そんなとまどい。

でもその湖は限りなく魅力的で、そこからは離れられない。。。。

賢治の心を覗いているようで実は
自分の心の裡を覗いているのかもしれません・・・・。
[PR]
by signaless5 | 2008-10-17 15:09 |

フレーズ

何気ないときに賢治の詩のフレーズをふと、思い出すことがあります
ほんとうに、なんの脈絡もなく、思い出すのですが
今日は昼食を作りながら「ミザンスロピー」という言葉が頭に浮かびました



四〇九      冬

                  一九二五、二、五、
   

   がらにもない商略なんぞたてやうとしたから
   そんな嫌人症(ミザンスロピー)にとっつかまったんだ
     ……とんとん叩いてゐやがるな……
   なんだい、あんな、二つぼつんと赤い火は
     ……山地はしづかに収斂し
       凍えてくらい月のあかりや雲!……
   八時の電車がきれいなあかりをいっぱいのせて
   防雪林のてまへの橋をわたってくる
     ……あゝあ、風のなかに消えてしまひたい……
   蒼ざめた冬の層積雲が
   ひがしへひがしへ畳んで行く
     ……とんとん叩いてゐやがるな……
   世紀末風のぼんやり青い氷霧だの
   こんもり暗い松山だの か
     ……ベルが鳴ってるよう……
   向日葵の花のかはりに
   電燈が三つ咲いてみたり
   青銅の獅子のかはりに
   督学官を飾ってみたり
   暴動の起るかはりに
   農業倉庫ができてみたり
     ……ムーンディーア サンディーアだい……
   巨きな雲の缺刻
     ……いっぱいにあかりを載せて電車がくる


電車を待ちながら(あるいは眺めながら)
賢治はちょっと淋しいのです
でも、決して暗い感じではない・・・
なんだかうまくいかなくて
少し、人も自分もどうにでもなれって、
そんな感傷に浸っているだけ・・・・そういう感じがするのですが。


この詩をよみながら
なぜこんなに賢治がすきなのかな~と考えましたが・・・
わかりません

ただ、たとえばこの
「 ……あゝあ、風のなかに消えてしまひたい……」
という一言に
そういう気持ち、わかるような気がする・・・からかもしれません




ちょっと検索してみたらこんなのを見つけました

この日の星空
ムーンデーアサンデーア
[PR]
by signaless5 | 2008-10-14 14:44 |

賢治の恋

賢治は禁欲主義とか
女性には興味がなかったとか
まことしやかにいわれていた時期がありました。
今でも、そのように考えている人も少なくないかもしれません。

まぁ、あまりそういったことは、話題として取り上げることすら
ほんとうは気が進みませんが。


人は一生のうちに、いろいろと考えも変わります。
一時期の言動だけを取り上げて
決めつけるのも変ですし。
童貞だったなどと本気でいいふらしていた人たちは
かえってお気の毒です。
まして、妹への想いが強すぎるから異常愛だというのも、
あまりに奇天烈な意見だと思います。


しかし、賢治は生涯結婚をしなかったというのも事実です。
晩年は病気がちだったこともあるのでしょうが
健康で、いろいろと活動をしていた時期でさえ
俺は嫁などいらない、みたいなことを言ったとか言わないとか・・・。


賢治には「恋」を思わせる詩や作品けっこうあります。
実際、結婚話が持ち上がった、といわれる女性も何人もいたりします。
賢治が逃げ回ったという女性、強く想いを寄せたといわれる女性。
その他もろもろ・・・・?

いづれにしても、賢治がその気にさえなれば
いつでも結婚できたでしょうし
本人も“あやうく”その気になりかけた女性もいるようです。

でも、なぜ、賢治は、結局はそれを拒んだのでしょうか。

   
詩、「小岩井農場」のパート9の最後にはこうあります。

   
   もしも正しいねがひに燃えて
   じぶんとひとと万象といっしょに
   至上福祉にいたらうとする
   それをある宗教情操とするならば
   そのねがひから砕けまたは疲れ
   じぶんとそれからたったもひとつのたましひと
   完全そして永久にどこまでもいっしょに行かうとする
   この変態を恋愛といふ
   そしてどこまで進んでもその方向では
   決して求め得られないその恋愛の本質的な部分を
   むりにもごまかし求め得やうとする
   この変態を性慾といふ
   すべてこれら漸移のなかのさまざまな過程に従って
   さまざまな眼に見えまた見えない生物の種類がある
   この命題は可逆的にもまた正しく
   畢竟わたくしにはあんまり恐ろしいことだ
   そしていくら恐ろしいといっても
   それがほんたうならしかたない
   さあはっきり眼をあいてたれにも見え
   明確に物理学の法則にしたがふ
   これら実在の現象のなかから
   あたらしくまっすぐに起て
   明るい雨がこんなにたのしくそそぐのに
   馬車が行く 馬はぬれて黒い
   ひとはくるまに立って行く
   もうけっしてさびしくはない
   なんべんさびしくないと云ったとこで
   またさびしくなるのはきまってゐる
   けれどもここはこれでいいのだ
   すべてさびしさと悲哀とを焚いて
   わたくしは透明な軌道をすすむ
   ラリックス ラリックス いよいよ青く
   雲はますます縮れてひかり
   わたくしはかっきりみちをまがる


賢治の痛々しいまでのこの孤独感はなんでしょうか。

賢治に、「じぶんとそれからたったもひとつのたましひと、完全そして永久にどこまでもいっしょに行かうとする」ことは正しいことではない、と思わせてしまったものは何でしょうか。


かつて賢治にはどこまでもどこまでも、いっしょに行きたかった人がいた。
しかし、その願いは無惨にも敗れてしまった。
あんなに信じていた、あんなに大切に思っていた人だった。
悲しみ、苦しんだ、もう、二度と、
そんな思いはできない、したくはない。

そう思ってしまったとすることは
あまりに安易でしょうか。

でも、心の傷か深ければ深いほど
再び人を、魂をかけて愛するということに怯える、
それは充分あり得ることだと思います。

「その人」が誰であるかは、ともかく
それだけ賢治は、その人への想いが強かったのだと思いますが。

またいつもの妄想癖がでたようです・・・



   
[PR]
by signaless5 | 2008-10-10 16:30 | 賢治

土神と狐

賢治の童話に『土神と狐』というのがあります。
一本木の野原の北のはづれに立つ一本の樺の木をめぐって
土神が狐に嫉妬をする話です。

これはもはや童話というのには
あまりにも生々しく、
つらい話のような記がするのですが・・・。

狐は格好つけの、みえっぱり。
詩集なんか携えて、樺の木のところで
天文の話なんかをする。
でも、心底悪いヤツではないのです。
ツァイスの望遠鏡を注文してあって春までには届くことになっている、
なんて嘘を言ってしまって。
「あゝ僕はたった一人のお友達にまたつい偽を云ってしまった。
あゝ僕はほんたうにだめなやつだ。・・・」
大好きな人の前で、つい、本当のことが言えないで、見栄を張ってしまう気持ち
だれにだってあるし、分かるはず。

そんな狐のことが目障りでしかたがない土神。
物知りな狐のほうがえらいような気がして
神であるはずの自分は劣って見える。

『頭の毛をかきむしりながら草をころげまわりました。そから大声で泣きました。その声は時でもない雷のやうに空へ行って野原中へ聞こえたのです。土神は泣いて泣いて疲れてあけ方ぼんやり自分の祠に戻りました。』

これは、この嫉妬の仕方はなんなんでしょう。
まるで賢治自身がそんな思いをしたことがあるかのようではありませんか。

『なにがそんなにおまへを切なくするのか、高が樺の木と狐の野原の中でのみじかい会話ではないか、そんんあものに心を乱されてそれでもお前は神と云へるか』
そこかで聴いたようなセリフです。

   春光呪詛

   
   いつたいそいつはなんのざまだ
   どういふことかわかつてゐるか
   髪がくろくてながく
   しんとくちをつぐむ
   ただそれつきりのことだ
     春は草穂に呆(ぼう)け
     あてごとはみんな消えるぞ
       (ここらはいったい蒼くくろくて
        ひどくがらんとしたもんだ)
   頬がうすあかく瞳の茶いろ
   ただそれつきりのことだ
          (このにがさ青さつめたさ
           このにがさ青さつめたさ)


結局、土神は、最後に狐をねじり殺してしまいます。
ところが、土神がそのあと狐のすみかに飛び込んでみると
あるはずの立派な書斎も顕微鏡もロンドンタイムスも大理石のシィザァも何もなく
狐のレーンコートのポケットに茶いろなかもがやの穂が2本入っているだけでした。

うすらわらったやうになって死んでいる狐と
雨のように降る土神の泪。

誰もがみな愛すべきものではないですか。
 
そう思うわたしはヘンでしょうか・・・?


「一本木野」というのは岩手山の麓にある場所のようです。

ちなみに「一本木野」という詩もあります。

   (前略)

   わたくしは森やのはらのこひびと
   芦(よし)のあひだをがさがさ行けば
   つつましく折られたみどりいろの通信は
   いつかぽけつとにはいつてゐるし
   はやしのくらいとこをあるいてゐると
   三日月(みかづき)がたのくちびるのあとで
   肱やずぼんがいつぱいになる



わたしの好きな詩のひとつです。

禁欲主義、といわれている賢治ですが
彼には、よく読むととてもいろっぽいものがけっこうあるのですよ・・・。
[PR]
by signaless5 | 2008-10-09 15:56 | 賢治

最後の手紙

死の10日前でさえ、教え子にあのような長い手紙を書いたくらいです。
賢治は、嘉内に、最後の手紙を書かなかったはずはないと思うのですが
どうでしょうか。

カムパネルラの切符を、小さなねずみ色の切符だと決めつけていた自分。
そのために言い争い、道を分かってしまった心友。
これほど、深い悔いの念はないのではないでしょうか。

わたしの妄想があり得たとしたらの話ですが・・・

だからといって、賢治の人生が無駄であったとか
なんの意味もなかったとか
本人も決してそういうふうには思ってはいないと思います。

賢治はその「迷いのあと」をしっかり私たちに残してくれました。
嘉内とふたりで立てた願いも。

私たちが、ふたりの想いを受け継ぐことで
また、賢治と嘉内も永遠に生きることになるのでは・・・・そんな気がします。


賢治の最後の手紙を受け取った嘉内は
どう思ったのでしょうか。

ふたりの、ふたりだけの神聖な秘密。
それをのぞかずにいることもまた、いいことかもしれません。
[PR]
by signaless5 | 2008-10-06 09:45 | 賢治

ジョバンニの切符

「おまへはおまへの切符をしっかりもっておいで。」
突然カムパネルラがいなくなった後、やさしいセロのような声が、ジョバンニに何度もいう言葉。

この切符とは、ジョバンニだけが持っている、
どこまででも行ける“天の川のなかでたった一つのほんたうの”切符のこと。
その声の主と話をした後、ジョバンニはお母さんの牛乳をもらいに行く・・・

そこで終わるはずだった「銀河鉄道の夜」は
親友の河本義行の死で大きくラストが変わります。
それは賢治の死の約2ヶ月前のこと。

カムパネルラが友達を助ける為に川に入って死んでしまう、というのは
同じように人を助けようと海に飛び込んで死んだ河本義行のことに違いないと思います。
青春の日々を共にした親友の死が、賢治にとってどれほどの衝撃であったかは計りしれません。

それを加えると同時に、削ってしまった「セロのような声」との対話。
賢治の考えをもっともわかりやすく表していたこの部分を
なぜきれいさっぱり、切り捨ててしまったのでしょうか・・・・。

賢治が書いた手紙のうち、現存する最後の日付のあるものは、
かつての教え子の柳原晶悦あての手紙です。

(昭和8年9月11日)
『・・・私のかういふ惨めな失敗はたゞもう今日の時代一般の巨きな病、「慢」といふものの一支流に過って身を加へたことに原因します。僅かばかりの才能とか、器量とか、身分とか財産いふものが何かじぶんのからだについたものででもあるかと思ひ、じぶんの仕事を卑しみ、同輩をあざけり、いまにどこからかじぶんを所謂社会の高みへ引き上げに来るものがあるやうに思ひ、空想をのみ生活して却って完全な現在の生活をば味わふこともせず、幾年かが空しく過ぎて漸くじぶんの築いてゐた蜃気楼の消えるのを見ては、たゞもう人を怒り世間を憤り従って師友を失ひ憂悶病を得るといったような順序です。・・・』

賢治は決してここに書かれているような、利己主義で傲慢な人間ではなかったはずです。にもかかわらず、ここに書かれている深い反省、というにはあまりにも深い後悔の念は、尋常ではありません。

賢治は、自分の信ずる法華経のみが正しく、人を救うただ一つの道であって、
他の道は取るに足らない低いもので、本当に人を救うことにはならないと思っていました。
嘉内に強く信仰を迫ったのも、その後に模索しながらその道が正しいことを“証明”しようとしたのも、強くそう信じていたからこそでしょう。

ところが。
様々な挫折を味わい、病に伏し死を覚悟したとき、賢治は恐らく気づいてしまったのです。
自分だけが「どこまででも行ける切符」を持っているのではなかったことに。
道は決して、「たった一つ」ではなかったことに。
『風のなかを自由にあるけるとか、はっきりした声で何時間も話ができるとか、
じぶんの兄弟のために何円かを手伝へるとかいふやうな』当たり前に見えることこそ、
本当は尊く、「神の業に均しい」のだと気づき、人が生きて誰かのために何かをする、そのことこそが、本当の道だと、思ったのではないでしょうか。
カムパネルラもまた、その手には小さなねずみ色の切符ではなく、
ジョバンニと同じ切符を持っていたのです。
カムパネルラだけではありません。
誰でもが「どこまででも行ける特別な切符」を持っているのです。
その事に気づいて、ちゃんとそれを使うかどうかは、そのひとにかかっている。
私もそう思います。

『上のそらでなしに、しっかり落ち着いて、一時の感激や興奮を避け、楽しめるものは楽しみ、苦しまなければならないものは苦しんで生きていきませう。』
もはや、残り時間の少なくなった賢治が最後に言ったこの言葉は
私にはとてつもなく深く、重いものに感じられるのです。

賢治は手紙の最後にこう書きました。
『また書きます。』

私はそのうちにまたどこかで
生まれ変わった賢治が何かを書いてくれるのを、
楽しみに待っているのですが。
[PR]
by signaless5 | 2008-10-05 15:58 | 賢治