「新世界より」

十数年ぶりに、棚からCDを探し出して
ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」を聴きました。

音楽とは、時間も場所も超え、言葉の壁も超えた
人間の根元的なもの、感情や感動を伝える
素晴らしい手段だとあらためて感じます。
(音楽だけでなく、芸術とはそういうものなのかもしれません)

クラシックというと、小学校時代から
音楽の時間に無理矢理聴かせられ
難解でたいくつなもの、取っつきにくいもの、という固定観念を抱きがちです。
国語の授業と同じで、感想を言わされたり書かされたりするので
余計嫌いになる、ということもあったかもしれません。
(少なくとも私はそうでした!)

でも、幸いなことに、賢治を通していくつかの交響曲などを聴くようになってから
その素晴らしさに多少なりとも気づけるようになりました。

なんだ、この高揚感・気持ちよさは、
ビートルズや他のロックなどと同じではないか・・・!
と、思ったことを覚えています。


ドヴォルザークの「新世界より」は
ハミルト・ハーティ指揮・ハレ管弦楽団の演奏によるものが
賢治のレコードコレクションの中にあります。
賢治はこの第2楽章に「種山ヶ原」という歌詞をつけているほどで
よほど好きだったのでしょう。

当時はまだ、一般には交響曲というものが広くは知られていない時代です。
初めて聴いたときの賢治の感動はどれほどだったか。
夢中になってレコードを買い集め
聴きまくっていたようですから
ほほえましくもあり、心から心酔していたんだろうと想像します。
セロも習い、自分たちで楽団をつくろうとさえしていたくらいですから
音楽熱はやはり相当なものだったのかもしれません。

当時の賢治のレコードが蓄音機でどんな音で鳴っていたかは
想像するしかありませんが
この前、賢治の持っていたレコードのいくつかが
復刻されCD化されているのを知り
さっそく取り寄せることにしました。
今はその到着を、首を長くして待っているところなので
届いた暁には、また感想などをアップしたいと思います。


この「新世界より」については
賢治の「銀河鉄道の夜」との関連がよく言われていると思いますが
ほんとうに、全体を通して
汽車が原野を駆け抜けているような
ドラマティックな疾走感で貫かれているような気がします。

この曲を浮かべながら銀河のなかに汽車を走らせた賢治。
なんという壮大なロマンかと、そのことにまず感動します。

賢治はよく、野原や山、麦畑のなかで
突然走り出したり
「ほ~っ」と叫んだり、
はたまた踊ったりしたようですが
そのとき「新世界より」や「田園」などが頭の中でリフレインしていたとしたら
それほどおかしな事でもないような気がします。

今回、私もひさびさに交響曲を聴いてみて、
自然のなかに出て行ったとき
気分がとてもよくて
まわりに誰もいなかったら
手足をふりまわして飛び跳ねたくなっただろうと思うからです。
ただし、この
「まわりに誰もいなかったら・・・」というのが大事。

賢治は友人や生徒がいても
平気でそれをやってしまったのですね。

そこが賢治さんのお茶目なところ・・・!
それくらい、たまらないくらい、
感性の豊かな人だった、と私は思いますが
「変人」と思った人も少なくはないのかもしれません。
[PR]
by signaless5 | 2010-04-23 17:00 | 音楽

君の友だち

Carole King(キャロル・キング) James Taylor(ジェイムス・テイラー)が
そろって来日し、14日から武道館でライブをしているようです。
でも今回はどうやら東京・横浜のみ、3回しか公演がないみたいですね。

そのキャロル・キングの曲に
「君は友だち(You've Got A Friend)」というのがあります。
ジェームス・テイラーもカヴァーして、全米1位、グラミー賞を獲得しています。

私はこの曲を聴くといつも
賢治と嘉内の友情のことを思ってしまいます。

どんなに離れていても、君はともだち・・・。

残された嘉内あての73通の手紙を読むと
賢治と嘉内の友情がどんなものだったのかがよくわかります。

思えば私がふたたび賢治にのめり込むきっかけをつくったのも
この73通の手紙の存在でした。
読むたびに、新しい発見があり
深く考えさせられることも多々あります。

他の誰にも言えないようなことが
心友・嘉内になら、はき出せたしぶつけられたでしょう。
手紙のそこここには賢治自身も意識していなかったであろう
深層心理があぶりだされています。
過去も未来も
そこには詰まっています。

真の友情は心地よいことばかりではありません。
真摯ゆえにお互いに傷つけあうこともあるかもしれません。
それでも、この歌にあるような気持ちが
底には絶えず流れている・・・。
二人の友情はきっと
そんなものだったのではなかったでしょうか。

蛇足ですが、
私は何度も何度もこの曲を聴いたので
門前の小僧習わぬなんとか、で
よそ事を考えていても歌えるようになりました。
(ちょっと自慢&自惚)


    君の友だち

 君が落ち込んで悩んでいるとき
 誰かにそばにいてほしいとき
 そしてすべてが何もうまく行かないと感じるとき
 目を閉じて僕のことを考えてみて
 そうしたらすぐに君のところへ行くから
 真っ暗な夜も明るくするために


 ただ僕の名前を呼べばいい
 どこにいようと君に会いに駆けて行くから

 冬,春,夏,秋
 ただ君は僕の名前を呼べばいいんだ
 そうすればきっときっと君のところに行く
 そう、君には友達が居るんだから


 もしも君の頭上の空に
 凍りついた暗雲がたちこめ
 北風が吹き始めても
 気をしっかりもって僕の名前を大声で呼ぶんだ
 僕はすぐに君の部屋のドアをノックしに行くよ

 ただ僕の名前を呼べばいい
 そうすれば、わかるよね、
 僕はどこにいようと
 君に会いに駆けて行くから

 冬,春,夏,秋
 ただ君は僕の名前を呼べばいい
 そうすればきっときっと君のところに僕は行く


 友達が居るっていいことじゃないか
 人は君に冷たくあたるかもしれない
 君を傷つけ 君を見捨て
 もし君が許せば人は君の魂を奪おうとする、
 そう,でも君は決してそんなことさせないはずなんだ

 ただ僕の名前を呼べばいい
 そうすれば、わかるよね、
 僕がどこにいようと
 君に会いに駆けて行くから

 冬,春,夏,秋
 ただ君は僕の名前を呼べばいい
 そうすればきっときっと君のところに僕は行く
[PR]
by signaless5 | 2010-04-16 09:30 | 音楽

Well, they'll stone ya when you're trying to be so good,
They'll stone ya just a-like they said they would.
They'll stone ya when you're tryin' to go home.
Then they'll stone ya when you're there all alone.
But I would not feel so all alone,
Everybody must get stoned.

  彼らは石で打つ 貴女がよくなろうとするときに
  彼らは石で打つ 言ったとおりに
  彼らは石で打つ 家に帰ろうとするとき
  彼らは石で打つ そこに一人ぼっちでいるとき
  しかし私は一人ではないと感じる
  誰も皆 石で打たれるべきだ


3月18日の夜
私の目の前にはボブ・ディランがいました。
オープニングに飛び出したのは
夕方になって降り出した雨にちなんだ
「雨の日の女」という景気のいい曲・・・。
私は幸せに包まれていました。

ピンクパープルのシャツに黒のジャケット、
黒のパンツにはピンクの二本のストライプ。
黒い帽子を被った今年69歳のボブは、
とてもかっこよく、素敵でした。

旅芸人、ミンストレル(吟遊詩人)。
その言葉がぴったりの最近のボブ。
それも超一流の!
ライブを観ていてまさにそう感じました。

これ以上ないほど近くでボブを見ることができた
(前から3列目、ステージ中央やや左寄りで
ボブがキーボードを弾くボブの顔と正面になる位置!)
というのもあるでしょうが
私にとってはこれほど満足したライブはありません。

こんなにかっこいい“もうすぐ70歳”はいない!?
80年代後半から「ネバー・エンディング・ツアー」と称される、
年間100回以上のライブを続けているボブ。
演奏曲は日替わりで変化し
今まだ途中の今回の日本(現時点で東京の7公演が残っています)
での14公演だけでも、通算でいったい何曲歌われるのかわからない。
こんなミュージシャンが他にいるだろうか。


ステージを去り際、メンバーと一列に並んだ時のボブの表情を
私は忘れられません。
メンバー紹介以外は一言も発しないのが最近のボブ流ですが
この時も同じ。
でも、なんとも幸せそうな満足そうな色が
そのブルーの目の中にありました。

何も言わなくても
愛と感謝の気持ちが伝わってきました。

彼の人生、生き方そのものが
私にたくさんのものを与えてくれている、
そんなことを再認識できた
ほんとうに素晴らしいひとときでした。

※冒頭の「雨の日の女」Rainy Day Women という曲については
様々な解釈がある=Wikipedia
[PR]
by signaless5 | 2010-03-21 12:06 | 音楽

「剣舞の歌」

前回に続いてhamagakiさんの歌曲について。

友人がさっそくダウンロードして聴いてるよ、との
うれしいメールをくれました。
サイトの解説も併せて読んで頂ければ
一つ一つの曲について、賢治の思いや
曲の背景、hamagasiさんのこだわりの部分がよくわかると思います。


そこで、私がなぜこれらの曲が気に入っているかという
具体的なわかりやすい例が「剣舞の歌」にあります。
もともとこの「詩」はとても好きです。

たとえば私の持っている他の作家達ののCD集では
この曲はまるでマーチングバンド演奏のようなアレンジにされてしまっています。

しかし、賢治は
dah-dah-dah-dah-dah-sko-dah-dah
と表しているのです。
これはただの歌詞ではなくて
この歌のリズムの重要な要素のはずです。

私としても、
やはりこの歌は
dah-dah-dah-dah-dah-sko-dah-dah
のリズムで歌いたいのです。

メロディがわかればいいでないか、
素晴らしければいいでないか、と思われるかもしれませんが
そこらへんの細かなところを
どうしても気にしてしまうのが
わたくし、ということです。
校本の楽譜でなく、
賢治の弟、清六さんのソノシートを採用しているところもいいと思います。

可能なら他のすべての曲についても
どこが素敵かとか解説したいくらいですが・・・
まぁ、このへんにしておきます。
[PR]
by signaless5 | 2010-02-26 09:38 | 音楽

賢治歌曲集

私がいつも何かと頼りにさせて頂いている
hamagaki seijiさんの「宮沢賢治の詩の世界」のサイトには
「歌曲の部屋」というのがあります。
賢治はたくさんの歌曲や替え歌を残していますが
そこには、これらの曲の楽譜をもとに
hamagaki さんが伴奏などをつけアレンジされたものを
データにしたものが納められています。

先日、保阪嘉内の作った歌曲、
「藤井青年団々歌」と「勿忘草の歌」もアップされており
それらがとても素晴らしかったので
私はCDに落として何度も聴いていました。

私のパソコンのちゃちなスピーカーでは聴くことのできない音も
しっかりと出て、音が全然違って聴こえ、
細やかなところまでこだわって作られているのが非常によくわかり、
最後のピアノの余韻まで味わうことができました。

そこでふと、もしや・・・・と思って
賢治の歌曲も一通りCDに落としてみたのです。

それは予想を裏切らないどころか
はるかにはるかに素晴らしいものでした。

賢治の歌曲は、今ではもうたくさんの音楽家さんたちが
演奏したリCDで出されていますが
本音のところでは、私自身はあまり「これはいい!」というものに出会えていません。
それはなぜかというと
恐らく自分の中である程度賢治の詩や童話などの作品を通して
その曲のイメージができてしまっていて
たとえばどんなに技術的にすごいものであっても
賢治の想像したのはきっとこんなんじゃないよな~とか
あのシチュエーションにはちょっとあわないよな~とか
素人ながらわがままなで勝手な嗜好から、ということです。

しかし、しかし!
hamagakiさんの作った曲をCDで聴いてみたら、
どれもが私のイメージにほんとうにぴったりきたのです。
いえ、それ以上に賢治の世界を美しく表現してくださっています。

降り注ぐ光のかけら
二十日月夜を行く龍之助の後ろ姿、
種山ヶ原の草の海雲の海
稲の苗を持って踊る生徒たち
激しく揺れる扇と飾り羽根
コミックオペレットの役者の影
すべてすべて目の前に見えるよう・・・
デンシンバシラの行進はじつに楽しい!

なかには何度聴いてもそこで感極まってしまうものもあり
詳しく書くと、鑑賞のじゃまになるといけないのであえて書きませんが
どうしてもうるうるしてしまうところがあります。

とってもお茶目なアレンジの曲もありますし
そうそうきっと生徒たちにこうやって歌わせたに違いない、と思う曲や
まるで賢治自身が歌うかと錯覚してしまい
これまた自然と目の前が涙で霞んできてしまう曲・・・

余計な飾りや仰々しいデフォルメはなく、基本はシンプルだけど
そこかしこに素敵なアイテムやエッセンスが隠されていたり
心憎いまでの演出、さりげない装飾、心地よいリフレイン・・・
聴き込めばもっともっと発見がありそうです。

これまで「歌曲の部屋」の各曲を聴いていながら
素晴らしい部分を聴き過ごしてしまっていたことを
本当にもったいないことをしたと悔やんでいます。

賢治の歌曲に興味がおありの方はぜひ、
PCでなくちゃんとしたスピーカーで聴いてみてください。
きっとイーハトーブへの素敵な旅に連れて行ってくれるでしょう。
[PR]
by signaless5 | 2010-02-23 17:57 | 音楽