『夢見る水の王国』 寮美千子

寮美千子さんの『夢見る水の王国』上・下巻(角川書店)を読み終えました。
素晴らしい物語でした。

美しいイメージがこれでもかと押し寄せる。
まるで、賢治の
「ダイアモンドのトラストが 獲れないふりのストックを みんないちどにぶちまけた」というふうで・・・

少女が海岸で拾い集めた宝物を
パズルのように並べて作り出すモザイク模様・・・
まるで作中のそのシーンのように
一つ一つが輝いて美しいのに、
それらによって造り上げられた模様もまた
壮大な美しいひとつの物語になっている・・・
そんなふうにも感じた。

ただイメージが美しいだけでなく
そのなかに私は様々な意味を見つける。
すべてが生きている。
心に響く言葉があちこちにちりばめられている。

マミコはマミとミコという二つの分身になってしまう。
黒猫のヌバタマ。その眼はトパーズとサファイア!
そして角をとられた木馬のヨミは白馬になる。
世界の果てに名前を捨てに行こうとするマミ。
それを取り戻そうとするミコ。
傷ついたマミを守るヌバタマ。
くじけそうになるミコを励ますヨミ。

夢見る水の王国とは何処か、
マミとミコとはいったい誰なのか。
これがいったいなんの物語なのかを
私が最後に知ったとき、
そこからが本当の物語のはじまりであることに気づいた。


いい本、良かった本は沢山あるけれど
出会えたことに心底感謝したくなる本(=作家)というのは
そう多いわけではない。
私はこの寮美千子というひとに出会えて
ほんとうによかった・・・。
もっと早く知りたかった、とも思うが
きっと今が私にとっては最良の時だったに違いない。

(すべてがわたくしの中のみんなであるやうに
 みんなのおのおののなかのすべてですから)

賢治のいう、幾重にも重なった世界を
この人はこの人の言葉で伝えてくれる。


「童児(わらし)こさえる代わりに書いたのだもや」
といって賢治はたくさんの“子供たち”を残した。
その子たちから生まれたのがこの人の作品。
つまり、寮美千子の作品は賢治の孫に違いない・・・!
なんていうと、もしかしてご本人は不本意でしょうか。
それでも私は、作品を読みながらそう思えて仕方がなかったのです。


寮さんは、インドへの旅で
私の知る限りでも、3つの異なった物語を生み出した。
そのうちの2つ『楽園の鳥』とこの『夢見る水の王国』が
ほぼ同時に作者の中で進行していたことに驚く。
なぜなら、それらはまったく違う趣の作品。
人は多面性を持つけれど
こんな風にみごとにちがう形でつきつけられると
私はすっかりその魅力に捕らわれてしまう。

私の言葉ではとても寮美千子の魅力を
うまく伝えられないのがほんとうにもどかしい。
それより作品を読んで頂くのが一番なのでしょう。

次には岩手の遠野が舞台の新作が予定されているそうですが、
私には待ち遠しくてたまらないのです。
[PR]
by signaless5 | 2010-05-23 12:34 |