プリオシンコーストからの通信

賢治が残した原稿のほとんどは未完成のままで
もしかしたらすべてがそうだと云ってもいいかもしれません。

その膨大なテキストを整理し、読み解いて
「校本」「新修校本」さらには「新校本」へと編み上げてくださった方々のおかげで
今現在私たちは賢治の作品を読み味わうことができます。

賢治の場合は非常に特殊で
亡くなる直前まで凄まじく手を入れ続けたことや
用紙の表裏を使ったり、一度は反故にしたものの裏に書いたりしていて
作品の最終形を定めるのが非常に困難だということ・・・。
その作業がどれほどの時間と労力を要したかは
私の想像を遙かに超えたものだと思います。

詩や童話を読むとき
それを思いだすたび
自然と頭を下げたい気持ちになります。

先日、その編者のお一人、入沢康夫氏の
『プリオシン海岸からの報告』(筑摩書房)という本を購入しました。
(今頃??と笑われそうなくらい必須の書籍ではなかったかと思い、
あらためて恥ずかしくなりますが)

その中に「境内」という詩のテキスト発見の経緯が書かれていました。
それは、それまでに明らかになっていた詩「(そのまっくらな巨きなものを)」と
「(みんな食事もすんだらしく)」という詩をつなぐものです。
以下引用します。
今回の、校本全集刊行に当たっての草稿再調査の間に、詩稿束の一つの中から、一枚の詩稿が出てきた。賢治が自作して使用していた罫がガリ版で刷られた詩稿用紙で、その表裏には、全面に毛筆で黒々と白秋の短歌が習字されている。ところが、よく見ると、その習字によってかなりの部分が塗り消されるような形になっているが、この紙の両面には、もと鉛筆で口語詩が記されていたことがわかる。墨の字の下になっている字は、読み取るのが仲々困難であったが、光に斜めにすかしたり、拡大鏡の助けを借りたりしながら、長時間かかってようやく読み解いてみると、そこに、これまで誰も読んだことのない四十六行の詩が現れてきたのである。



そしてもう一つ、「薤露青」という詩について。
宮沢賢治に「薤露青」という詩がある。いや、「ある」というより「あった」というべきかも知れない。「一六六」なる作品番号と、「一九二四,七,一七」の日付とを持つこの作品は、音楽用五線譜ノートからとりはずされたと覚しい一葉の紙に、いったんは硬めの芯の鉛筆を使い、きちんとした字体と字配りで書き込まれながら、のちに全面的に消しゴムで抹消されているからである。

そのようにして発見された紙片を
目を凝らして判読したものだということです。

なんということでしょうか。
このことは私には非常に感動的で
感慨深いものがあります。

この二つの詩「境内」と「薤露青」は、どちらも
賢治のその時々の状況はもちろん
心情の奥深くを伝えているものであり
宮澤賢治という人を知る上で
非常に重要な「鍵」になるといってもいいような
作品ではないかと私は思います。
しかも「薤露青」のモチーフは、「銀河鉄道の夜」へとつながるものです。

それらが実は賢治自身の手でいったんは消されていた、という理由は
そらはやはり、その詩の内容から想像するに
作者としてはあまりに生々しかったからなのでしょうか。

賢治は生前、それらが人目に触れることを
望んでいなかったのかもしれませんが
今、この二つの詩を噛みしめる時
もしかしたらそれは
時を経て
賢治がこれらの作品をプリオシンコーストから
私たちによこしてくれたということではないかと思ったりもし、
大変な苦労の末、読みやすい形にして
私たちに届けてくださった先生方にさらに深い感謝の思いを抱きます。



 境内
 

   みんなが辨当を食べてゐる間
   わたくしはこの杉の幹にかくれて
   しばらくひとり憩んでゐやう
   二里も遠くから この野原中
   くろくわだかまって見え
   千年にもなると云はれる
   林のなかの一本だ
   うす光る巻積雲に
   梢が黒く浮いてゐて
   見てゐると
   杉とわたくしとが
   空を旅してゐるやうだ
   みんなは杉のうしろの方
   山門の下や石碑に腰かけて
   割合ひっそりしてゐるのは
   いま盛んにたべてゐるのだ
   約束をしてみな辨当をもち出して
   じぶんの家の近辺を
   ふだんはあるかないやうなあちこちの田の隅まで
   仲間といっしょにまはってあるく
   ちょっと異様な気持ちだらう
   おれも飯でも握ってもってくるとよかった
   空手で来ても
   学校前の荒物店で
   パンなぞ買へると考へたのは
   第一ひどい間違ひだった
   冬は酸へずに五日や十日置けるので
   とにかく売ってゐたのだらう
   パンはありませんかと云ふと
   冬はたしかに売ったのに
   主人がまるで忘れたやうな
   ひどくけげんな顔をして
   はあ? パンすかときいてゐた
   一つの椅子に腰かけて
   朝から酒をのんでゐた
   眉の蕪雑なぢいさんが
   ぢろっとおれをふり向いた
   それから大へん親切さうに
   パンだらそこにあったっけがと
   右手の棚を何かさがすといふ風にして
   それから大へんとぼけた顔で
   ははあ食はれなぃ石(セキ)バンだと
   さう云ひながらおれを見た
   主人もすこしもくつろがず
   おれにもわらふ余裕がなかった
   あのぢいさんにあすこまで
   強い皮肉を云はせたものを
   そのまっくらな巨きなものを
   おれはどうにも動かせない
   結局おれではだめなのかなあ
   みんなはもう飯もすんだのか
   改めてまたどらをうったり手を叩いたり
   林いっぱい大へんにぎやかになった
   向ふはさっき
   みんなといっしょに入った鳥居
   しだれのやなぎや桜や水
   鳥居は明るいま夏の野原にひらいてゐる
   あゝ杉を出て社殿をのぼり
   絵馬や格子に囲まれた
   うすくらがりの板の上に
   からだを投げておれは泣きたい
   けれどもおれはそれをしてはならない
   無畏 無畏
   断じて進め




一六六
     薤露青

                  一九二四、七、一七、
 
   みをつくしの列をなつかしくうかべ
   薤露青の聖らかな空明のなかを
   たえずさびしく湧き鳴りながら
   よもすがら南十字へながれる水よ
   岸のまっくろなくるみばやしのなかでは
   いま膨大なわかちがたい夜の呼吸から
   銀の分子が析出される
    ……みをつくしの影はうつくしく水にうつり
      プリオシンコーストに反射して崩れてくる波は
      ときどきかすかな燐光をなげる……
   橋板や空がいきなりいままた明るくなるのは
   この旱天のどこからかくるいなびかりらしい
   水よわたくしの胸いっぱいの
   やり場所のないかなしさを
   はるかなマヂェランの星雲へとゞけてくれ
   そこには赤いいさり火がゆらぎ
   蝎がうす雲の上を這ふ
     ……たえず企画したえずかなしみ
       たえず窮乏をつゞけながら
       どこまでもながれて行くもの……
   この星の夜の大河の欄干はもう朽ちた
   わたくしはまた西のわづかな薄明の残りや
   うすい血紅瑪瑙をのぞみ
   しづかな鱗の呼吸をきく
     ……なつかしい夢のみをつくし……
   声のいゝ製糸場の工女たちが
   わたくしをあざけるやうに歌って行けば
   そのなかにはわたくしの亡くなった妹の声が
   たしかに二つも入ってゐる
     ……あの力いっぱいに
       細い弱いのどからうたふ女の声だ……
   杉ばやしの上がいままた明るくなるのは
   そこから月が出やうとしてゐるので
   鳥はしきりにさはいでゐる
     ……みをつくしらは夢の兵隊……
   南からまた電光がひらめけば
   さかなはアセチレンの匂をはく
   水は銀河の投影のやうに地平線までながれ
   灰いろはがねのそらの環
     ……あゝ いとしくおもふものが
       そのまゝどこへ行ってしまったかわからないことが
       なんといふいゝことだらう……
   かなしさは空明から降り
   黒い鳥の鋭く過ぎるころ
   秋の鮎のさびの模様が
   そらに白く数条わたる
[PR]
by signaless5 | 2010-05-01 09:05 |